トピック 不動産登記⑧

相続の登記手続きを依頼されると

お金は返したのに消されないまま残っている抵当権に出会います。

最近、昭和27年に設定された根抵当権に出会いました。

よく見ると今の根抵当権とは登記事項が異なっていて、

調べていると「旧根抵当権」と呼んでいるもので

今の根抵当権とは少し異なるもののようです。

相続人の方もこういう権利が自宅の建物に設定されていることは全くご存じないうえに、

設定当時の書類もなく、銀行でも対応に時間がかかっているようです。

お金は返したら、抵当権は早めに消しましょう!

銀行は書類はくれますが、抵当権抹消はしてくれません。

抵当権抹消は、司法書士にご依頼ください。